市販ドッグフードと手作りご飯のメリット・デメリット

市販ドッグフードと手作りご飯のメリット・デメリット

市販ドッグフードと手作りご飯のメリット・デメリット

市販のドッグフードと、お手製の手作りご飯、どちらがワンちゃんにとって良いのでしょう?
比較してみると、それぞれメリット・デメリットがあります。

 

市販のドッグフード

メリット

  • 簡単に御飯が用意出来る
  • 安定して同じ栄養素を食べさせてあげられる

デメリット

  • 原材料が明記されていない
  • 余計な保存料などが使われている
手作りのご飯

メリット

  • 自分自身で調整することが出来る

 

デメリット

  • 犬にとって必要な栄養素を学び、バランスよく取り入れていかなければならないので、作る手間がかかる。
  • 新鮮な食材を用意するためにコストがかかる。

 

それぞれのメリット・デメリットを考えると、無添加で安全なドッグフードがオススメです。

 

栄養素が考えられていますし、余計な添加物も使われていないので市販の安価のドッグフードとは全く違います。

獣医さんも推奨!オススメのドッグフードランキング

ドックフード

「カナガン」グレインフリードッグフードの特徴

獣医も推奨する通販限定のドッグフードです。 人も食べられるほど品質が高く、愛犬家の皆さんにイチオシ! 肉副産物や穀物は一切不使用。添加物も使われていません。 安全な原料にこだわっていて、チキンやさつまいもなどを使い、犬に必要な栄養をハーブなどやさしい素材で摂ることが出来ます。 また、低炭水化物なので脂肪もつきにくく、消化が良いことなどもポイント。 毛並つややかに、うんちも健康的と、利用者さんから大好評の商品です。

価格 3,960円
評価 評価5
備考 国際規格SALGLOBALランクA取得、定期コースは最大20%OFF

ドックフード

ナチュラルドッグフード「ラム」の特徴

ナチュラルドッグフードラムは、人間が食べられるほど高品質のラム肉を主原料に使用しているドッグフードです。 チキンアレルギーのワンちゃんも安心してお召し上がりいただけます。肉副産物や穀物は一切不使用の無添加クオリティ。 アレルギーになりやすい「小麦、トウモロコシ、乳製品、大豆、豚肉、牛肉」は一切使用していません。 消化吸収もよく、犬の体に負担がかかりにくいドッグフードです。

価格 3,960円
評価 評価4.5
備考 国際規格SALGLOBALランクA取得

ドックフード

FINEPET’Sの特徴

FINEPET’Sは、安全性の高い無添加ドッグフードです。原材料は産地からこだわる徹底ぶりで、中国産のものは使用していません。 ラム肉や鶏肉などをベースに使用していて、防腐剤代わりに天然由来ビタミンを使うなど、安全性も考慮。肉副産物や穀物は一切使っていません。

価格 500円
評価 評価4
備考 放射能検査済み