ライフステージ別のオススメのドッグフード

ライフステージ別のオススメのドッグフード

ライフステージ別のオススメのドッグフード

人間も成長過程で、ミルクから離乳食、普通の食事、年配の方にやさしい食事、療養の食事と分けられるように、犬のご飯もライフステージ別に切り替える必要があります。

 

仔犬の場合

ライフステージ別のオススメのドッグフード

生まれてから1年までを「仔犬」期間とします。1年で成犬に成長しますが、それまでの期間の栄養補給は体作りに重要です。
成犬の時期に比べると、必要な栄養素は約2倍ほどになります。
仔犬の間に、栄養不足になってしまうと人間と同じで骨格や筋肉がうまく形成されなくなるので注意が必要です。
仔犬用のドッグフードは、成犬用に比べてタンパク質やカロリーが高めに作られています。
全米飼料検査官協会の基準では、子犬用ドッグフードの最低タンパク質は22パーセントと定められています。

シニア犬について

ライフステージ別のオススメのドッグフード

犬も年齢を重ねると基礎代謝が低下し、必要なカロリーも低下します。
そのため、成犬用に比べたら、シニア犬には、カロリーや脂肪の少ないドッグフードがオススメされます。
ただし、このとき体重によっても違いがあります。もし、愛犬の体重が適正よりも軽いときには栄養価の高いドッグフードを混ぜるなどの調整が必要になります。
一般的にシニア犬向けのドッグフードは、加齢とともに減っていく栄養素や病気対策用の栄養素が入っています。
たとえば、便秘対策になる繊維質や腎疾患対策になるリンやカルシウム、関節疾患対策のグルコサミンなど。
愛犬の調子に合わせて選定してください。

 

また、ワンちゃんの体重が重く、肥満気味と診断されているときには、適正体重になるように、カロリーを抑えることが大切なポイントになります。
ドッグフードでも、肥満犬用に作られているものがあるので、獣医さんに相談しながら、調整しましょう。

獣医さんも推奨!オススメのドッグフードランキング

ドックフード

「カナガン」グレインフリードッグフードの特徴

獣医も推奨する通販限定のドッグフードです。 人も食べられるほど品質が高く、愛犬家の皆さんにイチオシ! 肉副産物や穀物は一切不使用。添加物も使われていません。 安全な原料にこだわっていて、チキンやさつまいもなどを使い、犬に必要な栄養をハーブなどやさしい素材で摂ることが出来ます。 また、低炭水化物なので脂肪もつきにくく、消化が良いことなどもポイント。 毛並つややかに、うんちも健康的と、利用者さんから大好評の商品です。

価格 3,960円
評価 評価5
備考 国際規格SALGLOBALランクA取得、定期コースは最大20%OFF

ドックフード

ナチュラルドッグフード「ラム」の特徴

ナチュラルドッグフードラムは、人間が食べられるほど高品質のラム肉を主原料に使用しているドッグフードです。 チキンアレルギーのワンちゃんも安心してお召し上がりいただけます。肉副産物や穀物は一切不使用の無添加クオリティ。 アレルギーになりやすい「小麦、トウモロコシ、乳製品、大豆、豚肉、牛肉」は一切使用していません。 消化吸収もよく、犬の体に負担がかかりにくいドッグフードです。

価格 3,960円
評価 評価4.5
備考 国際規格SALGLOBALランクA取得

ドックフード

FINEPET’Sの特徴

FINEPET’Sは、安全性の高い無添加ドッグフードです。原材料は産地からこだわる徹底ぶりで、中国産のものは使用していません。 ラム肉や鶏肉などをベースに使用していて、防腐剤代わりに天然由来ビタミンを使うなど、安全性も考慮。肉副産物や穀物は一切使っていません。

価格 500円
評価 評価4
備考 放射能検査済み