ドライフードとウェットフードの違い

ドライフードとウェットフードの違い

ドライフードとウェットフードの違い

ドッグフードは大きく分けて、「ドライフード」と「ウェットフード」に分けられます。
種類によってメリット・デメリットがあります。

 

ドライフードについて

 

ドックフード

水分量が10%以下で乾燥しているタイプのドッグフードです。
栄養バランスがとれているタイプで、また、乾燥しているので賞味期限が長いことや、価格が安いなどのメリットがあります。
乾燥している分、フードが硬いので、噛む力もつき、顎を強化することにもなります。これは、歯石などの汚れを落とすことにもつながります。
デメリットとしては、ドライフードは水分が極端に少ないので、ご飯と一緒によく水を飲ませてあげる必要があります。
また、ドライフードはライフステージによって使い分けるようにしましょう。

 

ウェットフードについて

 

ドックフード

水分を75%ほど含んでいて、肉や魚といった素材が活かされているため、嗜好性が高くワンちゃんにも人気です。
ご飯と一緒に水分も自然と摂ることができるので、健康維持につながります。
また、ウェットフードは缶詰や袋などに個包装されているので衛生的であることや、やわらかいのでシニア犬でも食べやすいなどのメリットがあります。
一方でドライタイプに比べると保存料や添加物が多く使われていたり、価格が高いなどのデメリットがあります。
とくに添加物の問題が注目されていて、専門家もあまりすすめられないようです。

獣医さんも推奨!オススメのドッグフードランキング