ドッグフードの危険な原材料

ドッグフードの危険な原材料

ドッグフードの危険な原材料

ドッグフードを購入するときは、必ずチェックしてほしいのがパッケージ裏の原材料の欄です。
「肉類、穀物類、野菜類、ビタミン類、保存料」という順に並んでいて、全項目をチェックしてみましょう。
その原材料として注意したい成分・素材をまとめました。

 

肉類について

 

ドックフード

「ミートミール、家禽ミール、副産物、パウダー」などと表記されているタイプは、人も食べられないほどの品質の悪い原材料が使われている可能性があります。
安楽死させた動物を粉砕したものであったり、鳥の骨が混ざっている可能性もあります。犬の健康を考えると、このような素材は与えたくはありません。

穀物・野菜類について

 

ドックフード

「動物性油脂、ビートパルプ」などの表記があるものは、おすすめできません。
動物性油脂は肉骨粉を作るときに出てくる油分のことで、酸化防止剤などが使われています。
ビートパルプは大根の繊維なのですが、酸性薬品が使われている可能性が高いです。
そして、犬は穀物の繊維を消化するのが苦手なので、これらの原料は不要です。

保存料について

 

ドッグフードの危険な原材料

「ソルビン酸カリウム、赤102(着色料)、BHA・BHD、エトキシン」などの添加物は、賞味期限を長くするなどのために使われるのですが、身体の健康に関しては良いものとは言えません。安全性を考えると、これらの保存料が使われているドッグフードは避けましょう。愛犬の健康を妨げてしまいます。

 

また、塩分にも注意してください。食塩が使われているものは食いつきが良いのですが、塩分そのものは犬にとって必要な栄養素ではありません。

獣医さんも推奨!オススメのドッグフードランキング